小学生までの子ども向けのオンライン学外教育サービスを行うMUSUKARI株式会社(本社:北海道札幌市/ 代表取締役:新岡唯、嶋本勇介、日向洋喜)は、2020年4月8日(水)に「小学校までの子ども向け学外オンライン教育サービスカオスマップ2020」を公開しました。

※掲載したロゴ・サービス名称について当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。もし当マップへの掲載に問題がある場合は、お手数ですが「pr@musukari.jp」までご連絡ください。速やかに修正させていただきます。

カオスマップ作成の背景

昨今のCOVID-19の感染拡大を受け、様々な企業・団体がオンライン教育サービスの提供を開始しています。「いま、どこでどのようなサービスを受けられるのか?」といったことは多くの方々にとっての関心事と思います。私たちも同様の関心を持ちながらも、この危機に立ち上がったサービス提供者同士が、危機をどのように乗り越え、さらには子どもたちの学び方改革にむけてどのように連携していくか?ということに強い関心を持っております。

弊社共同代表である、北海道札幌市の若手起業家3名(新岡・嶋本・日向)で開講した「おうちdeまなび舎」においては、総授業数282コマを118名のボランティア講師の方々が、日替わりで先生となり授業を提供してくださり、全世界に住む2,000名を超える生徒に出前授業を届けることが出来ました。

授業内容は、英語の授業や歌の授業など、いつもの生活でも体験できる内容から、インドや中国、アフリカなど海外現地から、各国についての授業や、社会人の先生からは職業や将来の夢についての授業、学生の先生からは、自分の研究内容や好きなことについてなど、内容は多岐にわたりました。(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000053667.html)

私たちは、これらの経験から、子どもたちがどこにいても「科目外の興味に基づく学び」を突き詰められる手段を、アフターコロナの世界でも提供し続けられる世界を実現したいと強く感じました。しかしながら、この世界の実現は弊社単独では不可能です。同様の課題意識を持ちながら、この機に立ち上がった企業・団体と想いを分かち合い、経験をはじめとするリソースを共有していく必要があると感じました。このような想いの下、「科目外の興味に基づく学び」に限らず、子どもの学び方改革を推し進める企業群をカオスマップとしてまとめ、発表することにいたしました。

お問合せ

本件に関してのお問い合わせは下記までお願いいたします。

MUSUKARI株式会社
広報担当 中村
pr@musukari.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です